お知らせ・おすすめ情報

一覧を見る

血中マイクロRNAを用いた認知症発症リスク予測モデルの構築(国立長寿医療研究センター)

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター(理事長:鳥羽研二, 愛知県大府市)のメディカルゲノムセンター(新飯田俊平センター長)を中心とした研究チームは、血液マイクロRNA(miRNA)の網羅的な発現情報をもとに、認知症発症のリスク予測モデルを構築しました。

チームは5,000例近くのmiRNA発現データを蓄積し、様々なデータ解析を行っています。その中で今回、重水大智ユニット長らは疾患群の絞(続きを読む…

介護・医療関連ニュース

一覧を見る

おしゃべり掲示板

一覧を見る
タイトルコメント数閲覧数更新日
NEWアドバイスください 0 70
国際疾病分類・第11回改訂版(ICD-11)について 0 33
平成30年度(10/14)「介護支援専門員実務研修受講試験」 0 1046
糖尿病性認知症について 0 1403
IoT等を活用した介護への取組・平成29年版高齢社会白書より 0 998
介護保険8月1日施行・月額上限額の引き上げ 0 1618
第30回(平成29年度)介護福祉士国家試験の申込が始まります 0 1442
奥が深いぞ!とろみ剤 1 2916
認知症の診断 1 2323
ストレスがたまったら 1 2957

コラム

一覧を見る
  • 『安楽死と尊厳死』その2

    前回の『延命治療について』でお話ししたように、医療の発達とともに、根治や回復の見込みがなく死期が迫っている終末期の患者にも、人工呼吸器を装着したり、胃瘻・点滴などの人工栄養法を行うなど、生命を維持することだけが目的の「延命治療」が行われるようになりました。(続きを読む…