お知らせ・おすすめ情報

一覧を見る

アルツハイマー病の新たな治療薬の開発につながる研究(東京大学大学院薬学系研究科)

(東京大学大学院薬学系研究科プレスリリースより)
大きな社会問題となっているアルツハイマー病の発症機構では、脳におけるアミロイドβの異常凝集および蓄積が重要であると考えられています。
一方、脳に存在する神経細胞以外の細胞のうち、その大部分を占めるグリア細胞の一つ、アストロサイトが、神経機能に対してさまざまな影響を及ぼしていることが近年注目を浴びています。しかしアルツハイマー病における(続きを読む…

介護・医療関連ニュース

一覧を見る

「本当は何を望んでいるの?」―認知症高齢者 その意思はどこに・Yahooニュース

「本当は何を望んでいるの?」―認知症高齢者 その意思はどこに
続きを読む…

おしゃべり掲示板

一覧を見る
タイトルコメント数閲覧数更新日
IoT等を活用した介護への取組・平成29年版高齢社会白書より 0 13
介護保険8月1日施行・月額上限額の引き上げ 0 395
第30回(平成29年度)介護福祉士国家試験の申込が始まります 0 327
奥が深いぞ!とろみ剤 1 832
認知症の診断 1 608
ストレスがたまったら 1 1282
障害者の就労支援として介護人材育成へ教室開設・石巻 0 609
認知症の予防について 1 792
ケアマネ受験 2 1401
老健と特養の違いについて 1 989

コラム

一覧を見る
  • 睡眠と栄養12 ~睡眠環境を整えよう~

    たばこに含まれるニコチンには強い覚醒作用があり、カフェインの覚醒作用より強いです。ニコチンは少量であれば、鎮静作用もありますが、たばこを吸うと多量のニコチンを体内に吸い込みます。(続きを読む…